赤ちゃんが紙を食べたらどうする?咳を防ぐための3つの対処法

赤ちゃんが一人遊び中に・・・

 
なんか食べてる!
しかも咳してる!
なんて体験はないでしょうか?

 

我が家の娘の場合、
しょっちゅう食べちゃうナンバーワンは
だんとつで紙!でした^_^;

 

ティッシュに始まり、上の子のお絵かきした紙や
出しっぱなしにした書類、絵本まで紙という紙を
食べていた気がします。。もはやヤギ・・

 

成長とともに動きが出てきて面白い半面、
なんでも口に入れてしまう赤ちゃん困っちゃいますよね!
紙を食べた場合の対処法についてご紹介しますね♪

スポンサーリンク

紙を食べたい放題の赤ちゃん!

料理をしていたら、
リビングにいたはずの娘が咳をしている!

 

駆け付けてみると口の中から紙が!
こんな経験、何度したことか。。

 

小さいおもちゃや電池など、
誤飲しそうなものは
片づけてあるのですが、
ついつい油断してしまうのが紙類。

 

これは片付けても片付けても出てきますし、
上の子がいる場合は特に
折り紙やお絵かき帳など
紙類が増えますよね。

 

レシートがぺらっとバッグから落ちていて
それを食べたり、新聞紙を破って食べたり。

 

さらに多いのがティッシュ!
これは出すのも楽しいようで
出しては食べ、出しては食べ。

 

一瞬の間にリビングが
ティッシュだらけ、、、
なんてこともありました (汗)

 

紙食べたけど大丈夫?

261e5134742d255d28f69c367e4dbaf7_s

結論から言うと、
赤ちゃんが紙を食べたといっても
少量であればほぼ問題ありません。

 

マジックなどのインクには
有害物質が含まれていますが、
印刷物や紙に付いている
インク程度なら少量なので大丈夫です。

 

たいがいは翌日あたりに
うんちと一緒に紙が出てきます。

 

うちの娘の場合、何かのイラスト部分を
食べていたようで、うんちから目玉の絵がまるまる
出てきてびっくりしたことがあります(笑)

 

大量に紙を食べたのでなければ、
病院に行かずに家で様子を見てもいいでしょう。

 

咳してる時の応急処置

咳をしている場合は、
咳で紙が出てくることもありますので、
背中をトントンしてあげるといいですよ。

 

ちなみに、厚みのある紙などを食べた場合は、
咳と一緒にポーンと飛び出してきます。

 

次に、口の中に残っていないか
そっと確認してください。

 

私もついやってしまうのですが
赤ちゃんが咳をしていると、
「あーっ!」と大きな声を出して
駆け寄ってしまいがち。

 

そうすると赤ちゃんは
びっくりして紙を飲み込んでしまったり、
泣き出して吸い込んでしまったりします。

 

「大丈夫だよ~ちょっとごめんね~あ~んしてね」
と優しく声をかけながら
口の中を確認してみてくださいね♪

 

その際、ママは爪が伸びていると
口の中を傷つけてしまいますから、
爪が伸びているママは
無理に口に指を入れないように。

 

我が家の場合、上あごに紙がくっついていると
気持ちが悪いのか咳をしていることが多かったです。

 

あまり奥に指を突っ込まないよう、
上あごをちょっと確認するだけでもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが紙を食べた際に注意した方がいいこと

紙を食べてもそんなに健康被害はありませんが、
気を付けてほしいのはシールを食べた時です。

 

シールには粘着部分がありますよね。
ここが引っかかってしまうことがあるので、
シールを食べたら少し注意が必要です。

 

また、シールはシールでも
紙ではなくプラスチックなどでできている
ぷっくりしたシールなんかもありますよね?

 

これだと結構引っかかってしまうようで
咳こんでしまうことがあります。

 

シールを飲み込んだ際は
他の紙に比べて注意が必要かもしれません。

 

病院にいったほうがいいサイン

赤ちゃんが大量に紙を食べてしまった場合、
咳こみが止まらなかったり、ぐったりしている、
また息が苦しそうなど異変があるようなら
迷わず病院を受診しましょう。

 

昼間なら、かかりつけの小児科に
夜間なら、小児救急相談に電話してみてください。

 

小児救急相談は♯8000

 

プロの方に「大丈夫ですよ」と
言われるだけで安心することもありますから、
遠慮せずに電話してみてくださいね。

 

赤ちゃん紙食いによる咳を防ぐ対処法は?

b3411d8d07ca4da4eb5ed24873ce7669_s

少量なら紙を食べても大丈夫、とは言っても
食べないに越したことはないですよね。

 

赤ちゃんが紙を食べてしまわないよう
我が家で行っている対策法を
いくつかご紹介しますね。

 

対策その1 ティッシュは引き出しに

赤ちゃんはとにかくティッシュが大好き。
隠しておいても目ざとく見つけて
猛ダッシュで突進してきます。笑

 

少し高いところに上げておいたのですが
踏み台などによじ登って、
さらにティッシュを取ろうとする執念。

 

ティッシュのためなら
多少の危険は顧みないその姿に
逆に危ないと気づかされ、
高いところにティッシュを置くのはやめました。

 

大人は少し面倒ですが、
引き出しに入れて、
引き出しロックをかければ、
簡単には取り出せません。

 

対策その2 絵本は厚めのものを選ぶ

赤ちゃんはできるだけ
絵本に親しんでほしいですよね。

 

でもまだ生後5~6ヶ月だと
ページを破って食べてしまうことも。

 

薄い紙の絵本は
赤ちゃんの手の届かないところに置き、
赤ちゃんが触れる絵本は、できるだけ
ぶ厚いものを選ぶといいでしょう。

 

厚いと赤ちゃんでも
ページをめくりやすいという
メリットもあるのでおすすめですよ♪

 

対策その3 本はぎゅうぎゅう詰めに

ページが薄い絵本や新聞紙、
雑誌などをしまう際は
ぎゅうぎゅう詰めにするのもおすすめです!

 

そうすると赤ちゃんは
取り出すのが難しくなります。
赤ちゃんが取り出せないよう
ぎゅうぎゅう詰めにしてみてください。

 

まとめ

赤ちゃんが紙を食べてしまった時の
注意点や対策をまとめてきましたが、
いかがだったでしょうか?

 

少量の紙を食べてしまっても、
咳こんでいたり苦しそうだったりしなければ、
まず問題ないと思われます。

 

ママがおろおろしていると
赤ちゃんも不安になりますので、
ゆったりした気持ちで
赤ちゃんの様子を見守ってください。

 

いろいろな失敗を繰り返して
赤ちゃんもママも成長していきます。

 

紙を食べてしまっても
ママはあまり自分を責めずに
楽しく子育てしていきましょうね☆

スポンサーリンク

おすすめの記事