赤ちゃんの寝返り時期はいつから?泣く子も黙る練習方法!

ちょっと動きが活発になってきたし、横向きになったりしてきて、もしや寝返り!?
赤ちゃんの寝返りは成長過程においての大イベントですね♪

今か今かとワクワクしてるママも多いのではないでしょうか(^O^)
というわけで、赤ちゃんの摩訶不思議な寝返りについて、調べてきましたよ~♪

 

let's go!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝返り時期はいつから?

1466138524816

赤ちゃんの寝返りは一般的に、生後5~6ヶ月に始まると言われています。
そして7ヶ月頃には、寝返りが完成する赤ちゃんがほとんど。
自力でヒョイヒョイと寝返りできるようになります。

 

しかし、寝返りは非常に個人差が激しいので、早い子もいれば遅い子もいます。
中には10ヶ月でやっとできた!という赤ちゃんも(*´ω`*)

 

さらに、超ビックリなのが生後1ヶ月で寝返りをしてしまった赤ちゃんもいますΣ(゚Д゚)
これは、さすがに衝撃的ですよね・・・

 

腕の力、脚の力がある赤ちゃんは、寝返りが早い傾向にあります。

 

色んな赤ちゃんがいます。
なので、早く遅いは全然気にしなくて良いです。

 

寝返りが遅いと、「うちの子、もしかして発達障害?」とか不安になっちゃうママもいるようですが、
全く心配無用!寝返りが遅いのも個性の一つですから、心配しないで大丈夫です。

 

寝返りも得手不得手があるってことですね(^O^)

 

さぁ!!
今までひたすら寝ていて、天井だけを見ていた赤ちゃんも、
寝返りにより世界が激変です!

 

なにか寝返りの兆候はあるの?

 

[ad]

 

寝返りの兆候!

多くの赤ちゃんが生後5ヶ月頃に、寝返りの兆候を見せ始めます。

 
それは体をくねらせたり、ねじらせたり、周りをキョロキョロ見たり、
少し体を横向きにしたり、手足をバタつかせて上にあげてみたり。。。

 
この兆候が見えたら、「そろそろ寝返りするよー」のお知らせです♪
人や物への興味が出てきた証拠。もっと見たいという欲の現れです。

 

 

練習する必要はある?

寝返りの練習は基本的にしたほうが良いですが、むりやりさせる必要はありません。

むりやりさせると寝返りを嫌いになってしまう場合もあるので、要注意!

 

赤ちゃんの首がしっかりと座ってから練習しましょう(・∀・)

首が座っている5,6ヶ月の赤ちゃんは練習OK!

 

5ヶ月前の赤ちゃんが寝返りしてしまった場合は、窒息やケガがないように見守ってあげましょう!

練習は不用。まだ首がしっかり座ってないので靭帯を傷めたり、骨折などのケガの恐れがあります。ご注意を。

 

 

スポンサーリンク

泣くことで上達していく

2016-06-29_23h26_02

寝返りをしようとしてるけど、あと一歩のところで、ゴローンとまた元通りになっちゃう赤ちゃんも多いと思います(笑)

そして、悔しいのか、泣きます。

そしてまた挑戦。今度は腕が抜けなくて泣く。

 

こんな感じで赤ちゃんは寝返りの練習をがんばっています(^^)

泣く。泣く。ひたすら泣く。

泣くなら辞めれば?と心の声が出ちゃいそうですが、そこはこらえて温かく見守りましょう^_^;

 

寝返り練習中に主に泣く理由まとめ(推測)

●うつ伏せ体勢が苦しくて泣く

●寝返りできたけど戻れなくて泣く

●腕が抜けなくて泣く

●手出ししないで!(プライドが高い赤ちゃん)と泣く

●体が重いからムリ―!と泣く

●重すぎる頭を支えるのムリ―!と泣く

 

泣く時は抱っこして「よしよし、がんばったね!」などと声かけしてあげましょう♪

練習を重ねることで、腕の筋力がついてきて、少しずつできるようになり泣くことが少なくなります。

 

[ad]

 

泣く子も黙る練習方法!

とはいえ、いつも泣いてるのを見るのはママとしては辛いですよね。

ちょっとサポートしてあげましょう。

 

固いプレイマットの上や畳で練習すると、わりとうまくいきます。

赤ちゃんが好きな方向(普段よく見る方向)に向けて、腰をひねらせます。

 

腰をひねらせたら足を交差させます。(走るポーズです。)最後に軽くお尻を押してサポート。

ここまですれば赤ちゃんも自分で少しは動いて、寝返り体勢に入ります(*´ω`*)ガンバレ~

 

 

寝返り練習の基本は、下半身からひねること。

 

赤ちゃんは、まだ自由に足を動かせないので、腰を先に動かします。
その反動で上半身をひねります。大人とは真逆ですね。

 

 

 

そして、寝返り練習でよくある問題は「腕が抜けない」ですね(笑)

こういう場合は、目の前におもちゃを置いて実験してみましょう。

がんばって手を伸ばそうとするかも!?

 

他にもこんな技が・・・

 

◎おもちゃを手が届きそうな所に置いてみる

寝返りを促す方法として、おもちゃを惹きつけてみましょう。

実際見たほうがわかりやすいので動画のせます。

これ↓

なんと単純明快な方法!!

わたしはこの動画を発見して、すぐ実践してみました。

かなり効果ありましたよ(・∀・)おもちゃ作戦スゴイです!

 

 

 

寝返りの後にやってくるイベントは、お座り→ズリバイ→ハイハイ→つかまり立ちです。

寝返りは筋肉発達のためにも大事です。

無理せずのんびりと練習しましょうね♪

 

[ad]

スポンサーリンク

おすすめの記事