【赤ちゃん子育てが楽しめない人必見】みんなこうして乗り越えた!

 

子育ては楽しいもの。
赤ちゃんと一緒に生活する
日々は幸せがいっぱい♪

 

…って、思っていたはずなのに。

 

いざ始まってみると、あれ?あれれ?
ちっとも楽しめない。。

 

赤ちゃんを連れた他のママたちは、
みんな笑顔で子育てを
楽しんでいるように見えるのに。

 

わたしってダメな母親?
ママ失格?

 

…なんて落ち込んだりはしていませんか。

 

今回は、世の中のママたちが
子育てを楽しめなかったとき、
どうやって乗り越えたか
をお話しますね♪

スポンサーリンク

赤ちゃんの子育てが楽しめない理由

赤ちゃんを育てるのって、
ほんとに、ほんとに、大変ですよね。
子育てが楽しめない…って思うのは

 

「楽しいこと」よりも「大変なこと」

 

の方が多いってのも理由にあるのではないでしょうか。

 

 

子育てが楽しめないママたちの声

●どう考えたら子育てが楽しいんやろ

●子育ては楽しくない

●楽しいかと言われるとぜんぜん楽しくない

こんなつぶやきを目にすると
自分だけじゃなかった!って思えて
ちょっと安心できるような気がしませんか?

 

 

現在、3人の子どもたちに囲まれて
大変さの中にそれなりに楽しいコトも
感じながら毎日を送っているわたしですが…

 

実は1人目が生まれ、
初めて赤ちゃんとの生活が始まった時は
「楽しい」だなんてちっとも思えていなかったんです。

うなだれるオウム

 

想像を絶する大変さ

当時のわたしといったら…
授乳して。おむつを替えて。
何度も服を着替えさせて。

 

寝たと思ったらすぐに
泣く赤ちゃんに駆け寄って。

 

何で泣いているかもわからないけど
ひたすら抱っこの繰り返しでした。

 

唯一1人で座れる場所であるはずのトイレにさえも
ゆっくり入っていられなかったですね。笑

 

思い通りならないことの連続で
やるべき家事も全く進みません。

597C0F58-203D-4DC4-A29B-C078E9BD5435

自分のことなると
なおさら何もできなかったのです。

 

誰とも話をしないまま1日が終わり、
気が付けばご飯も食べていなかった..
なんて日もしょっちゅう。

 

あぁ…こんなはずじゃ、なかったのに。
とばかり思っていました。

 

そりゃもうベランダから大声で

子育てが楽しいって何ーー?

楽しいことはどこにあるのーー?

って叫びたいくらいでしたよw

 

今ある眉間のシワは、
きっとあの頃にできたんだろうな~と
勝手に思ってるくらい(笑)

0b96bafd6fef8f370bc7dd041a60456e_s

赤ちゃんと2人きりでいるときに
笑うことなんてなかったような…。

 

人には言えない…

がんばって毎日公園にも行っていました。
道端で会えばちょっと立ち話をするくらいのママ友もできました。

 

でも…。

 

「子育てが楽しめない・・」
だなんて、誰にも言えなかったんですよね。

 

だってみんな楽しんでいるように見えたら。
他の人は立派なママに思えたから。

 

子育てを楽しめている他のママが羨ましくって、
胸が締めつけられるような想いでした。

 

ママたちはこうやって乗り越えた!

独自アンケート調査したところ、
世の中のママたちはこんな感じで、
乗り越えてますよ♪ご参考までに!

 

同じ月齢の子を持つ友達と会ったり、ランチしたり、会えない友達とはメールをして気分転換をしました。

 

私の場合は地域の子育てサロンに行ってお母さんたちと話したり、ショッピングモールの親子イベントに参加したり外に出て人に会うようにしました!

 

とりあえずリフレッシュできるように子育て広場など他のママさんと交流できる場所に言って
お話をしたり他のお子さんとママさんのスキンシップの仕方などを勉強し、孤立しないようにしました。

 

・なるべく自分の実家に帰省して祖母や両親に子供をみてもらいました。
ひとりで育児をしているという感情で縛られないように、そういう息抜きを入園まで続けてました。

 

どれも共通するのは、「人と会うこと」
やっぱり一人でいるより、
誰かといることで心がリフレッシュできるのですね!

スポンサーリンク

子育てを楽しむために私がしたこと

では、私の場合こうやって乗り越えたよ!
ということをお話してよいでしょうか?
興味なければすっ飛ばしてください。笑

 

母親なんだから…という考えをやめる

子育てを楽しめないわたしが
いちばんいけなかったと思うのは

 

「母親」という言葉に縛られすぎていたこと。

母親なんだから○○して当然。
母親なんだから○○。
母親とは○○であるべき。

って…呪縛です。

 

理想の母親像をかかげて、
その通りにしなくちゃいけないんだって。
ずっと思い込んでいました。

 

でもね。母親だって、人間ですもんね。

 

できないコトがあったっていいし、
頑張れない時があったっていいんですよね。

 

母親だから当然!って思っていたことを
母親だって人間!って思うようにしてからは
少しだけ余裕ができてきました。

 

待つことのできない赤ちゃんを前に、
時には「ちょっと待っててね」なんて
声をかけちゃったりもしてね。

 

自分だけの時間を持つ

なかなか難しいですが、
これって結構大事だったりもするんです。

 

赤ちゃんが生まれてから、
私が初めて1人で外出したのは・・
自宅から徒歩3分の歯医者さんだったんですけどね。

 

土曜日の午前中、
仕事が休みだった夫に赤ちゃんを預けて家を出ました。

 

そりゃもう、ばっちり身支度整えて(笑)
不思議なことに、離れている間は
赤ちゃんのことばかり考えちゃうんですよ。

 

あんなにも辛くて大変な育児から
やっと解放された時間だっていうのに。

 

帰宅したときは、
真っ先に赤ちゃんを抱きあげました。
ほんの1時間弱だった1人の時間。

 

それでも、わたしは
笑顔で赤ちゃんに接することが
できるようになったんです。
(歯痛も治ったし!?)

ピースオウム

できれば、周囲の協力を得て、
定期的に1人の時間を持てたらいいですね。

 

ちょっとお散歩でも。美容室でも。
わたしのように通院でも…。

 

楽しもう!と思って楽しむ時間をつくる

赤ちゃんの子育てってホントに、
ホントに、大変なことばかり。

 

その中でママは洗濯や掃除、
食事の準備だってしなければ…
って大忙しですよね!

 

でも赤ちゃんがゴキゲンなときは、
やるべきことをいったん忘れて
一緒に思いっきり遊んでみるのはいかがでしょう。

 

「今は赤ちゃんと楽しむ時間!」

 

と割り切って、ママが楽しんじゃうのです。

 

たまには、散らかった部屋も、
たまった食器洗いも後回しにして、

 

何も考えずに赤ちゃんと遊ぶ時間をつくってみては♪

 

私の場合、ちょっとおもしろいな、かわいいな
って思ったことがあったら写真をパシャリ!
なんてしてました(*^^*)

 

少しずつですが、楽しむ時間が楽しい時間に
変わっていったのを覚えています。

まとめ

いかがでしたか。今からでもできる
子育てを楽しむおすすめな方法!

 

人と会うこと

・母親なんだから○○という考えをやめる

・自分だけの時間を持つ

・赤ちゃんと一緒にママが楽しむ

 

ちょっとずつ出来る範囲でいいと思うんです。
子育てが楽しめない!って落ち込むことはないですよ。

 

大変な子育ての中にも、
楽しいことが見つかりますように。応援しています♪

スポンサーリンク

おすすめの記事