授乳中の風邪の治し方は風邪薬なしでOK?葛根湯の落とし穴

授乳中に風邪をひくと厄介ですよね!
風邪治さなきゃいけないし、授乳しなきゃいけないし、
ママは風邪の時も大忙し!

できれば薬に頼らずに治したいものですね。
今回は、カゼ薬いらずの治し方をお話します♪

スポンサーリンク

授乳中に風邪薬飲んだらどうなる?

授乳中の場合、赤ちゃんに影響が出たら怖いから、
風邪薬を飲まずに治したいというママはかなり多いみたいですね・ω・
赤ちゃんのことを考えると躊躇しちゃいますよね。

 

ただ、風邪がなかなか治らないのもかなり辛いですよね。
授乳中のママが風邪薬を飲んだ場合、
赤ちゃんに薬成分が移行するのか?

答えは、長期間飲み続けなければ移行はしにくいそうです。

 

しかし!


薬によっては少量でも移行するものもあるので要注意です。
絶対に赤ちゃんに影響はないので安心!とは言えません。
なので、自己判断で市販薬を買って飲むなんて絶対にしないように。

 

 

どうしてもカゼ薬に頼りたい場合は、かかりつけの
産婦人科や内科や小児科などで、風邪の症状を診てもらい、
処方された薬だけ飲むほうがよいです。

 

風邪薬を飲むメリット・デメリット

メリット

●治りが早くなって楽になる

 

デメリット

●多少なりとも赤ちゃんに移行する場合がある

●薬の影響を避けるためにも、母乳を一時中断しなければならない。
それにより乳腺炎になるリスクが高い。

●母乳を再開したときが大変!
母乳をお休みしたことで、出が悪くなっている。

●母乳が飲めないことで、赤ちゃんの免疫力が下がる。

●服用中はミルクを作らなければならない。

●母乳赤ちゃんによっては、
哺乳びんを受け付けない子もいるので飲ませるのが大変。

 

 

圧倒的にデメリットが多いです・・・ ・ω・;

※風邪薬はあくまでも風邪を治すものではなく、
症状を和らげるものです。

 

ならば風邪薬に頼らずに、自力で治すしかないですね。
次はカゼ薬いらずの治し方を伝授します!

 

[ad]

 

授乳中の風邪の治し方~風邪薬なんかいらない!~

風邪を長引かせないためにも、
できれば風邪のひき始めにチャッチャッと治しておいたほうがよいです!

 

 

●体を温める!

ちょっとでも体調悪くなった時、だるい時、
ゾクゾクするなどの悪寒があった時は、
すぐに体を温めましょう。足湯などもオススメです。

2016-06-13_09h04_44

早めに体を温めることで、風邪も治りやすくなります♪

 

 

●水分をこまめに摂る!

温かい飲み物を飲みましょう!
ノンカフェインのたんぽぽ茶がオススメです(^O^)

実は、こうして記事を書く前に、
ちょっと体がダルかったのでたんぽぽ茶飲んだら、
体が温まったのか良くなりました!母乳にも良いですよ♪

授乳中のママにオススメ!風邪の初期症状に効果あり!

 

●生姜を食べる・飲む!

風邪といえば生姜。古き良き時代からの伝統食材です。

2016-06-13_00h21_58

生姜湯を飲むも良し、温かいうどんに生姜を剃って食べるも良し。

温かいうどんに、生姜・長ネギ・卵を入れると
風邪も早く治りやすいですよ!

発汗作用があり、体も温まるし、
栄養満点なので一石三鳥!最強トリオですよ♪

 

 

●マスクはマストアイテム!

赤ちゃんに咳やくしゃみが飛び散らないよう、常にマスクをしましょう。
家族全員に伝染らないように完全防備!

 
寝る時もマスクをすると喉が乾燥しないし、
湿気がのどを守ってくれます。しかも早く治りやすいです。
ただ・・・息が臭くなりやすいです・・・^_^
;気になる場合はマウスウォッシュで対処してください。

 

 

●休む!とにかく休む!

乳飲み子の赤ちゃんのお世話で大変だと思いますが、
とにかくママの体を休めてください。

 

赤ちゃんが寝てるとき、一緒に寝てください(*´ω`*)
家事は後回しでいいのです。
ママの風邪を治すことが一番です。

 

パパがいるときは、家事をお願いしましょう。
親が近くに住んでるなら頼りましょう。
ひとりでがんばらないで。

 

 

●長ネギを首に巻く!?

昔からのおばあちゃんの知恵って感じの「長ネギ巻き」。。。
実際の効きめは微々たるもののようです。
巻くより食べたほうが絶対に風邪に効きめあります(笑)

 

先ほどの生姜うどん以外にも、オススメのレシピはこちら↓
Cpicon 風邪や風邪予防に♪絶品長ネギ中華スープ♡ by agak
[ad]

 

 

スポンサーリンク

ママの風邪は、母乳を飲んでる赤ちゃんに伝染る?

一番心配なのが、赤ちゃんへ風邪が伝染ってしまうんじゃないかということ。
大丈夫!母乳から赤ちゃんへ伝染ることはありません(・∀・)

DSC00518

ただ、気をつけなければならないのが飛沫感染(ひまつかんせん)。
字の通り、しぶきが飛び散って感染します。Σ(゚Д゚)ギョエ

 

飛沫感染は、咳・くしゃみ・鼻水などが飛び散って伝染ることです。
ちなみに、鼻水には恐ろしいほど沢山の菌が潜んでいるのです・・・。

 

感染しやすい距離は1~2m。
赤ちゃんをお世話(授乳中・オムツ替えなど)してる時など要注意。

風邪じゃない時でも、くしゃみ・咳をしそうな時は、
すぐに赤ちゃんから離れるか、タオルか何かで口を抑えるかして、
赤ちゃんに伝染らないよう回避して下さい!

 

最後は、葛根湯についてです(・∀・)☆

 

葛根湯の落とし穴

風をひいた時は葛根湯!でおなじみのかっこんとう。
授乳中のママにも、葛根湯なら問題ない風邪薬としても評判がいいですね(^O^)

 

葛根湯は漢方薬で、風邪の初期症状
特に良く効くと言われています。

ドリンクタイプが多く、身近なドラッグストアで買えて、
グビッと飲めば風邪退散!?

 

ですが・・タイミングがズレれば全く効果は期待できないのです(゚Д゚)!
あくまでも、葛根湯は風邪の初期段階のみに効くもの。

 

高熱が出てたり、のどが痛かったりするなどの
症状の場合は、ほとんど効きません。

2016-06-13_14h45_41

葛根湯も風邪薬の一種。
症状を和らいでくれるものであり、治してはくれません。

結局は、自分の免疫力次第。
温かくして、寝て、食べて治すしかないのです。

 

葛根湯といえども、薬は薬。
できれば服用中は授乳を避けたほうが安心といわれてます。

 

何より日頃から体を休めることを意識して生活をするとよいですね。
風邪予防になりますヨ(・∀・)


無理しない・休む・よく寝る・よく食べる

これに尽きます!

 

お大事に♪

[ad]

 

スポンサーリンク
コメントを残す

産後ボディケアの関連記事
  • 無題のプレゼンテーション (8)
    もはやタダ同然のオンラインダイエット発見!特典がすごすぎ!
  • ケーキ
    授乳中甘いものが止まらない私!糖尿病になる危険性大?
  • 2016-06-22_00h39_51
    産後のアホ毛がやばい!?髪の毛ツンツンの原因と対策! 
  • cd2a5db1a6795209f6b2e390314bcf79_s
    【悲報】腸を健康にするサプリで痩せるはウソ!?デブ菌な人要注意!
おすすめの記事